« 熊本電鉄5000系! | トップページ | 山口県角島! »

2011年2月 2日 (水)

太宰府散策・・・

またまた久しぶりの更新となります(^^ゞ今日は昨年秋に訪問した太宰府のことを少し書きたいと思います。
 
昨年10月の天気が非常に良かった日、ふと思い立って太宰府を訪ねることにしました。
 
太宰府に着いたら、何はともあれまずはお参りをしないとですね・・・。
ということで、皆さんよくご存知の学問の神様として有名な菅原道真公を祀る太宰府天満宮本殿です。
P1000085
ちなみに、右手に見える木が有名な"飛梅"です。

お参りの後は、前から気になっていた本殿裏手にある菅公歴史館を覗いて見ることにしました。
チケットを買おうとして、ふと窓口を見ると、太宰府天満宮&九州国立博物館共通チケットというものがあるようです。
窓口の方にお尋ねすると、太宰府天満宮の菅公歴史観・宝物殿・九国博(平常展)の3施設を見られるチケットをバラで買うと920円のところ、500円でOKというチケットだそうです。
当然ながらこれを購入!一気に3施設を見ることにしました。

ということで、まずは歴史館に入場です。
この歴史館は、道真公の一生をジオラマ風に展示してあります。
また道真公ゆかりの品物なども展示していました。
あまり広くは知られていない施設のようですが、なかなか見ごたえのある展示でした。(ゴメンナサイ。写真ありません。)
 
続いて、宝物殿へ!
こちらの施設は、割りと有名な施設ではないでしょうか?
歴史観宝物殿と比べると、史料館的な位置づけになるみたいですね。
ここも私は初めての観覧でしたが、菅公や天満宮にまつわる様々な興味深い史料が展示してありました。(ゴメンナサイ。こちらも写真ありません。)
 
最後に、九州国立博物館へ!
ちょうど特別展の「誕生!中国文明」が開催されていましたが、私の持っているチケットでは残念ながら入場できませんので、わき目もふらず4階へ直行です。
4階は文化交流展示室となっていまして、いわゆる常設展示を見ることができます。
こちらの方は、何度か観覧したことがありますが、展示品の数が多くて何度見ても楽しいですね。(ここも写真ありません。)
 
約2時間ほどかけて、じっくり展示を見た後九国博を出まして次は都府楼へ。
P1000088
都府楼とは、昔の大宰府政庁の跡地のことです。
しばし古の栄華を想像しながら広大な跡地の散策をしました。
 
その後は、都府楼のすぐ横にある大宰府展示館へ!
以前は入場料が必要でしたが、今は入場無料となっています。
この施設は太宰府市の施設で、太宰府市内で発掘された出土品や遺構などを展示しています。
結構興味深い品物が展示されていましたよ。
 
ということで、大宰府展示館を見終わってから帰宅しました。
何か一日のうちにいろいろと詰め込みすぎた気もしないではありませんが、なかなか楽しめた一日でした。
皆さんも一度、ゆっくり太宰府あたりを訪ねてみませんか?結構狭い範囲で楽しめるところですよ!
あと、太宰府天満宮&九州国立博物館共通チケットはマジお勧めです!
 
では、今日はこのあたりで・・・ノシ

« 熊本電鉄5000系! | トップページ | 山口県角島! »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事